YouTubeでお金を稼ぐ仕組みとは

YouTubeはインターネットに接続出来れば、パソコンは勿論、スマートフォンやタブレットでも動画を視聴する事が可能です。そのため自宅だけでなく、出先の暇な時間にYouTubeで動画を視聴して楽しむ人が増えています。しかもYouTubeは、ただ動画視聴を楽しめるだけではありません。一般人でも手軽にYouTube上に動画が投稿出来る上に、投稿する事で収入を得るYouTuberと呼ばれる存在も注目を集めているのです。人気YouTuberの中には年収が億を超える様な人達が存在しており、最近ではテレビで見掛ける事も少なくなかったりします。
そんなYouTuberですが、基本的には広告収入で稼いでいるケースが多いです。YouTubeを何度も視聴している人なら知っていると思いますが、動画を再生する際にまずは企業等の広告が流れる事が多かったりします。或いは動画を視聴している途中に、広告が入る事も少なくないです。YouTubeは視聴者にあの様な広告を見せる事により、お金を稼げる仕組みとなっています。視聴数が多い動画程、そういった広告を多く視聴して貰えるのでYouTuberの収入もアップするのです。
もっともYouTubeには、広告収入以外にもお金が稼げる仕組みがあります。それはスーパーチャットという名前の機能であり、視聴者が直接YouTuberにお金を寄付する事が可能です。YouTubeは予め撮影して編集した動画をアップして視聴して貰えるだけでなく、生配信という形で生放送する事も出来ます。そんな生配信中にスーパーチャットを使用する事で視聴者が、直にお金を寄付する事が可能です。YouTubeで広告収入を得るには、まず定められたチャンネル登録者数と視聴回数をクリアする必要があります。そのためチャンネル開設当初は収益が得られない人がほとんどですが、スーパーチャットはそういった条件をクリアしなくても収益を得る事が可能な点は特に魅力的です。
更にYouTubeにはチャンネルメンバーシップという機能があり、視聴者が月額を支払う事でYouTuberを支援する事が出来ます。70パーセントがYouTuberの取り分となるので、ファンを増やしてチャンネルメンバーシップを増やして行く事で安定した収入源にする事も可能です。
加えてチャンネル登録者数や視聴回数が増えて来ると、企業案件が舞い込む事もあります。企業側は影響力のある人気のYouTuberに、商品やサービスを体験して貰い動画にする事でその対価を支払うのです。トップYouTuberだと企業案件1本で、数百万円の収入が得られる事も珍しくないのでかなり稼ぐ事が出来ます。